回想録13「講義で・・」

そして講義が始まった

内容は全く覚えていません
ただ、さっきまでの穏やかな佐藤康行先生が、汗びっしょりになって

「本当の自分で生きましょう」

ということを全力で生命懸けで伝えてくださっていることだけは伝わってきました

正直なところ、この頃成功哲学で頭パンパンだった私は、壇上で語ってくださる佐藤先生の言葉がほとんど理解できなかったし、頭の中にさえ入っていなかったと思います。
ですが、私の中で生命の喜びのスイッチというか、何かがオンになった感覚がありました

ただ聴いているだけなのに身体がものすごく熱く反応している自分
なんの境遇も環境も変わったわけではないのに、不思議な安心感というか、ゆりかごの中にいるような感覚

 講義が終わり、手持ち金もほとんどなかったですが一冊の本を買い求めました

「天運を拓く」(副題:この本は10000冊の本を読むより100倍運命をよくする)
帰ってから「天運を拓く」を貪るように読みました。その中でも佐藤学長がモハメッドアリの映画のワンシーンを挙げておられた一節が強く印象に残っています

モハメッドアリの映画の最後のシーン
 
「私は走る、走る、倒れる。また走る、走る、また倒れる。また走る。身体がもう動かなくなる。さぁ、これからが私の本当の練習の始まりだ」

まさに、あの瞬間は私にとって思ってもみなかった新しい人生の幕開けとなったのです

 ※登場人物等はほぼ仮名です 

今日もブログをご覧いただきありがとうございます。
2000年にYSメソッド開発者の佐藤康行先生の著書に出会ってから、ずっと佐藤先生のことを師匠と思い、自身の癖などで遠回りをしつつも真我の実践を毎日継続中。
(国際愛称でシンガスキーとも名乗っています)

shinga-YS-worldロシア支部初代支部長
全国ユニバーサル友の会会頭(2016秋より)

佐藤康行リンク集
ブログランキング・にほんブログ村へ