回想録20「100通の手紙」

そしてまた、お世話になった方々へ伺ったり、電話をしたり、おわび行脚をさせてもらった
 
そのとき、やっと当たり前のことに気づいた
私はたくさんたくさん応援してもらっていたのだ

あらためて両親に電話
そして

「自己破産も視野に、弁護士さんに相談するように。必要最低限の費用はこちらで負担するから」 
そう促された
弁護士さんとは、一週間後に面談の約束を取り付け、目先の日雇いバイトなどの手配を済ませた
 
受講の感動、直後のこうしためまぐるしい変化を、私は人に伝えずにいられなくなり、セミナーで知り合った方、ネットワークビジネス関係で知り合った方など100人に手紙を書きました
もっとも、主文はコピーになってしまいましたが
 
別に紹介したからといってなにか謝礼をもらえるなどは一切ないのだけど、そんなことは関係なしに伝えたかった
 
そして後後わかったことですが、その手紙がきっかけで受講に至った方がわかっているだけで10人近くに至り、各人が様々な変化や気づきを体験されたと聞きました
 
当時は心の学校はまだサポート体制に力を入れておらず、講座も月2~3回程度。日常にこの道を継続していくには各人の自立がもっとも重要だった時期でしたが、知り合いが続々受講に至ったことにより、見本というわけではないけれど、自分自身がしっかりと歩んでいかねばという思いを持っていたことを思い出します
 
私の受講に関してお金を貸してくださった日枝さんもまた、間もなく受講され、大変な気づきを得られたと伺いました
なお、日枝さんへは受講から数ヵ月後になってしまいましたが、お返しさせていただきました
 

※登場人物等はほぼ仮名です 

今日もブログをご覧いただきありがとうございます。
2000年にYSメソッド開発者の佐藤康行先生の著書に出会ってから、ずっと佐藤先生のことを師匠と思い、自身の癖などで遠回りをしつつも真我の実践を毎日継続中。
(国際愛称でシンガスキーとも名乗っています)

shinga-YS-worldロシア支部初代支部長
全国ユニバーサル友の会会頭(2016秋より)

佐藤康行リンク集
ブログランキング・にほんブログ村へ