あと18日「誰がために」

2001年、初受講して間もない時
100人以上の方に手紙を書き、10人以上の方が講座を受講されました
手紙だけで受講・・・すごい感度の方々だなと思います
当たり前ですが私にマージンはありません(笑)
ただ、感動が動かす世界

どえらい感謝されました
「紹介してくれてありがとう」って
「今までのナントカ哲学から卒業だ」って

私自身が命拾いしたように、悩み苦悩から命拾いした方もたくさんおられたようです

当時の同士?が今どうしているか
今はほとんど交流がありません
仕事で大成功して大忙しな方もいるみたいですし、幸せな家庭を築かれて子育てにてんやわんやの方もいるみたいです

まあ、その後もいろんな出会い出来事ありましたが
ずっと佐藤先生に勝手に師事してきました
かなり御迷惑もかけていると思いますが

私の中でずっと育まれ残っている最大の財産は
確信
間違いない道だという確信
もっとも、世間で言う確信の意味ではなく
信じることなく、出会った道を実践しながら確かめる歴史とでもいいましょうか

だからといって佐藤先生を信奉しているわけでもないし、そのつもりもありません
当たり前ですが、他人はどの人生を歩もうがその人の自由
ただ、私自身がブレないかどうかが最大の関心事です

ところで
初めて講演会の運営側に携わらせて頂いたのが
同じく2001年の今頃だったと思います

神戸のYさんが主催者でした

今でこそ講座もポピュラーですが
当時は佐藤康行先生の真我開発講座を知る人はほとんどいなかったようで、関西支部もないし講師も佐藤先生たった一人の時代
その方もいろいろ大変な面もあったのでは?と思います

頼まれもしないのに手伝いを申し出て
神戸のホテルで椅子並べした覚えがあります

お手伝いをするメリットがどこにある?と聞かれたら
やはり確信のため
つまり、究極は自分のためなんですよね
受身だけではわからないお宝が手に入ります

主催者がどうとか
テーマがどうとか
頼まれるか否かは
全く関係ないのかなと思ってます
(あくまで私個人の価値観であり、押し付けるつもりもありません・・・)

お手伝いは好きです
受身と発信と、両方をまとめて味わえるので、確信の道にもってこいです
掛け値なしでオススメです

今回運営側ですが
お手伝い頂ける方、大歓迎です

間違っても上から目線のつもりはないですが
そのように聞こえたらごめんなさいm(_ _)m


佐藤康行練馬講演会
クレカ決済可
http://ys-nagashima.com/

一位獲得(*゚▽゚*)たま日記
http://tamanikki.blog.jp/

今日もブログをご覧いただきありがとうございます。
2000年にYSメソッド開発者の佐藤康行先生の著書に出会ってから、ずっと佐藤先生のことを師匠と思い、自身の癖などで遠回りをしつつも真我の実践を毎日継続中。
(国際愛称でシンガスキーとも名乗っています)

shinga-YS-worldロシア支部初代支部長
全国ユニバーサル友の会会頭(2016秋より)

佐藤康行リンク集
ブログランキング・にほんブログ村へ