あと5日。かつて私も・・・

過去、主催された方の多くがきっと体験されてきてるんだと思うんですが
佐藤康行先生の講演会に携わるってこういうことなのか!!ってことが日々起きています
今日はその一つを書きたいと思います

かつて、私が関西在住時に初めて
「数日後、佐藤康行先生の講演会(※)がちょうさんの近くでありますよ」
と当時のスタッフさんから聞いたのが、真我開発講座初受講を間近に控えた時期のことでした
もう、本当に精神的に滅入ってたとき、藁をもすがる思いで「行きます」と伝えたのを昨日のことのように思い出します

そしてナマで佐藤先生の話を聞いたとき、それまで長年背負っていたあらゆるモノが劇的に軽くなった感覚がありました
(この先生は間違いない)
見た目はおっつぁんですが、明らかにどこのおっつぁんとも違い、一切の迷いから目覚めさせてくれたおっつぁんです

ここ数日、毎日毎日当時を思い出すような電話を頂戴します
(当時の私と一緒にするわけではありませんが)

「まだお席大丈夫ですか?」
「私の大切な友人で、・・・な方も連れていきたいんですが・・・」
「・・・な・・・な私でも参加していいんですか?」

この時期までお申し込みされてなかった事情はいろいろあるようです
そして、あと何日かしかない今だからこそ連絡されるそのお気持ちも状況も伝わってきます
間近だから連絡された理由がちゃんとあるわけです

私は、そんなお電話を頂く度に
かつてあの日、佐藤康行先生から言われた言葉を思い出すんです

「大丈夫です」

あの先生の言葉があったからこそ、今の私があります
言葉がというよりも、その言葉の奥に、絶対の安心を私は見たんです
私自身があと数日というときに参加を決めて体験したから
あと何日かしかないこの時に関心を寄せてくださる方にこそむしろ参加して頂きたい

あと少しですが、お席は用意できます
このブログにご縁のある方で、もし躊躇されている方がいらっしゃったら、思い切って連絡ください
チャンスは逃すものではありません
主催者権限でお席は優先的になんとかします
ご安心ください

なぜなら、そんなあなた様のために私が主催者をさせてもらっているわけですから
ブログを見て・・・と伝えてください

613(アットマーク)ys-nagashima.com
↑(アットマーク)は@に置き換えてください
または、ホームページからどうぞ

にほんブログ村 教育ブログ メンタルヘルス教育・対策へ

ysmatomebanner
今日もブログをご覧いただきありがとうございます。
2000年にYSメソッド開発者の佐藤康行先生の著書に出会ってから、ずっと佐藤先生のことを師匠と思い、自身の癖などで遠回りをしつつも真我の実践を毎日継続中。
(国際愛称でシンガスキーとも名乗っています)

shinga-YS-worldロシア支部初代支部長
全国ユニバーサル友の会会頭(2016秋より)

佐藤康行リンク集
ブログランキング・にほんブログ村へ