練講とっておき話その1

※今回の話のたま目線は、たま日記を参照
http://tamanikki.blog.jp/archives/1030867506.html

「職人からあまちゃんへの継承劇!」

練馬講演会では、プロジェクターを用意しました
佐藤先生のアップをライブでスクリーンに投影するため
そして看板を投影するため
そしてプロフィールスライドを投影するため

備え付けの立派な職人プロジェクターもあったのですが、お値段も業務用
諭吉ちゃん2~3枚ではぜんぜん足りない・・・・・・
さすが日本一の某放送局系列のホール

なのであまちゃんプロジェクターを持ち込みました

ですが、当日ホールスタッフの粋な計らいでゴニョゴニョニョニョ・・・(ここではオトナの事情で詳しくは書けません)
ありえない展開で使用できることに

なんと、職人プロジェクターはプロフィールスライドを映し、それが終わるやスクリーン上部に看板を映しつつ、もう一台の持ち込みあまちゃんプロジェクターでスクリーン下部にライブ投影するという・・・
いわば親子コラボレーションプロジェクションマッピング(^-^)
ありがたい!!
以前、紅白歌合戦で朝ドラ「あまちゃん」の親子共演がありましたが、この関連施設でまさかの即席親子共演です!

余談ですが、ホールスタッフさんのお一人があまちゃんTシャツを着てました
さすが自局愛ーーー

しかし、開始1時間を過ぎた頃、いつの間にか看板映像が消え、ライブ映像だけになっていました
粋な演出!?

あとでわかったのですが、まさに講演中

飛んだ!
ひしんした!
天に召された(のか?)

そうです(^-^)
ライブ映像は最後まで活躍してくれましたし
広い会場の後ろからもばっちり見えました

途中飛んだ職人プロジェクターですが、そのあとの時間で使うのは看板映像だけでしたから、問題ないといえばないんです
むしろあまちゃんプロジェクターのライブ映像が鮮明になった分、これでよかった!
親から子へ継承されたんですね

ちなみに講演会翌日、あまちゃんに出てくる「アメ横女学園」ロケ地のビル(上野のアメ横)にて、実の親子で明太子買いました(笑)
こよみの上ではディセンバー♪

これらは全部あとで気づきました
まだまだあります
また明日(^-^)/

今日もブログをご覧いただきありがとうございます。
2000年にYSメソッド開発者の佐藤康行先生の著書に出会ってから、ずっと佐藤先生のことを師匠と思い、自身の癖などで遠回りをしつつも真我の実践を毎日継続中。
(国際愛称でシンガスキーとも名乗っています)

shinga-YS-worldロシア支部初代支部長
全国ユニバーサル友の会会頭(2016秋より)

佐藤康行リンク集
ブログランキング・にほんブログ村へ