3/26プロジェクトX~発信者たち~4

前回の続きです
今回の事は後述するある体験がベースであることと、私の主観を交えていることを先におことわりしておきます

ミスターXの言葉
「私はそうは思わない」
を耳にして、私は一瞬であのことが蘇り、発信者という意味を改めて俯瞰することになりました
あのこととは、佐藤康行先生そしてミスターX・・・・・・私も含めたある場面・・・

その話の前にまず基本的なことですが、ミスターXは誰に対しても様々な徹底フォローをしておられます

真我にこれから出会う方々や
真我に出会った方へのフォロー

発信者への(発信者として独り立ちするための)フォロー

とでは、立ち位置・意味が真逆です
愛のカタチも振る舞いも正反対

いうなれば前者は徹底サンタさんですが、後者は徹底武蔵
ゆえに立場が同じ発信者である以上は、厳しいことこそが最大の優しさであり愛になるわけです

もちろん、どこまでのレベルでその方が後者なのかどうかがありますので、そこはケースバイケースでしょうけど
特に発信者複数以上相手に指導する場合は・・・

***************

そしてその言葉によって蘇ったある光景

その昔ある時期、私はミスターXの元にまさに発信者として居させてもらっていました

詳細なことは書けませんが、佐藤先生がどのような思いでここを生み出したか、その真意に触れる機会がありました
明日にでも全てを手放し組織まるごと更地にするか否かという緊迫した場面でした

佐藤康行先生において、自分の作った組織がどうなるとかそんなことはどうでもいいこと
当然組織を守ろうとか、そんなことは全く考えておられない
もともとたった一人から始めたこと
たとえ全世界が反対者であろうと、たとえ死んでもこの道をゆくその一点
組織が伸びるかどうかなどどうでもいい
たたんだ方がいいなら、すぐそうする
それが佐藤康行

ゆえに同じ立ち位置で発信者としてやるなら、やることはひとつだけ

続く
(次回がラストです)

今日もブログをご覧いただきありがとうございます。
2000年にYSメソッド開発者の佐藤康行先生の著書に出会ってから、ずっと佐藤先生のことを師匠と思い、自身の癖などで遠回りをしつつも真我の実践を毎日継続中。
(国際愛称でシンガスキーとも名乗っています)

shinga-YS-worldロシア支部初代支部長
全国ユニバーサル友の会会頭(2016秋より)

佐藤康行リンク集
ブログランキング・にほんブログ村へ