4/5混ぜる「と」危険

講師のお勉強してる時
講師の講師から投げ掛けられた

「(佐藤康行のいう)真我と、その他(あらゆるものすべて)の違いを挙げてみてください」

というわけで、その場にいた同士みんなで、それも完結明瞭に(という前提で)違いを挙げて、右と左に分けて書いていった

真我は深い、その他は浅い
真我は全体、その他は一部
・・・・・・・・・
こんな感じです

特定の比較対象(〇〇教だとか、人物名とか)ではなく、ひっくるめてやったところがポイントかもしれないです

こんなに違うものかと驚嘆
やっていくうちに、明快に見えてくるものがあります

このことの重要さ
「毎日やってもいいですね」
たしかそのような話もあった

(佐藤康行の指す)真我と、その他は全く別物
という大前提

強引に思う方もいらっしゃるかもしれない
けれど、そこまでして初めて見える違いがあることを思い知らされた
ごっちゃになっているうちは、まるでわかってないんだなぁと思った

そこからがスタートなのだろう

今思い返しても、ドキドキします
これはほんとに、みなさんにお薦めしたいです

やっていくと、当然間違っていることも出てくるかもしれないし、むしろ間違って当然だと思う

しかし、

これは仮説だけど
全く違うものという前提として、たとえ間違っていても仮説として違いを挙げていく
そして、その違いがその通りなのかという検証をしていく
科学の進歩と同じで、そうすると明確に違いが見えてくる

ダイヤモンドとイミテーション
ダイヤは検証すればするほど本物という揺るぎない確証になる

そういうものだと感じています

今日はこれから佐藤先生直々の飛神覚醒会
寝ないようにしなければ。。。

今日もブログをご覧いただきありがとうございます。
2000年にYSメソッド開発者の佐藤康行先生の著書に出会ってから、ずっと佐藤先生のことを師匠と思い、自身の癖などで遠回りをしつつも真我の実践を毎日継続中。
(国際愛称でシンガスキーとも名乗っています)

shinga-YS-worldロシア支部初代支部長
全国ユニバーサル友の会会頭(2016秋より)

佐藤康行リンク集
ブログランキング・にほんブログ村へ