4/14赤い靴はマスターキー!?その5(まとめ編)

参加者の方からもたくさんの感想が寄せられているそうです
その中から3名の感想を、抜粋ですが紹介させていただきます

私は、山本夫妻の講演会に参加して大きく気づいた事があります。
私は過去を完全に書き換えてはいなかったのです。
皆さんの前で体験談を話したり、佐藤先生の書籍に体験談を載せていただいても、やはり自分は辛い体験をしたと思い、嫌な思い出として記憶に残っていたのです。
山本夫妻の素晴らしい体験談と、山本剛史さんのマジックミラーの法則の解説を聞いて、過去の体験を題材に完璧愛ポストに取り組んで過去を完全に変えようと決意しました。
完璧愛ポストに取り組みどうなるかがとても楽しみです。ワクワクしています。
素晴らしい講演会を開催して下さりとても感謝しています。
本当にありがとうございました。(S様)

先日は、講演会を主催して下さり、誠にありがとうございます。
今は幸せなので思うのですが、離婚を考えた時は、子供を連れて死のうと車を走らせていました。子供達の「お母さんどこへ行くの?」の声に我に返りました。
生きてきて良かった。今、息子二人も未来内観を受講しました。
私は今の主人を通して自分の中のダイヤモンドを見ることが出来ました。それは、今回の山本夫妻の講演会に参加させていただいたから。
心より感謝いたします。(工藤様・仮名)

母娘像を建てるために独りで仕事をしながら募金活動をし、北海道にまで足を運んで。。。の話を聞き、ご本人もさる事ながらそれを支えた奥様の姿がなぜか浮かび、私の実父母のことを思い出しました。
私の実家は魚屋をしていましたが、幼い頃は貧しく、食べていくのにもやっとでした。
そのような生活の中、当時(昭和30年代)は家の前に行き倒れの人が横たわっているということが多く、その人たちを自宅で看病し、もちろん食事も与え、帰宅の交通費も渡すということがしばしばありました。
心の中では「お父さんがこの人達を連れてくるからご飯が少なくなってしまっている…隣の家の方がお金持ちなのだから隣の人が助ければいいのに…」とずっと思っていました。
 赤い靴の話を聞いていくうちに、父の無償の愛を愚痴一つ言わずに母を助けていた母の愛がふーっと心の中に湧いてきて、父は間違っていなかった、母も‥
 今回の講演会がなければ、いまだに、汚れた感情を心の中にもったまま生活していたと思います。
 ありがとうございました。(葉山様・仮名)

ということで、赤い靴シリーズはこれにて一旦終了とさせていただきます
齋藤さん夫妻、山本さん夫妻、そして関係者の皆様、素晴らしい機会をありがとうございました

今日もブログをご覧いただきありがとうございます。
2000年にYSメソッド開発者の佐藤康行先生の著書に出会ってから、ずっと佐藤先生のことを師匠と思い、自身の癖などで遠回りをしつつも真我の実践を毎日継続中。
(国際愛称でシンガスキーとも名乗っています)

shinga-YS-worldロシア支部初代支部長
全国ユニバーサル友の会会頭(2016秋より)

佐藤康行リンク集
ブログランキング・にほんブログ村へ