5/14号外:ワークでやった担当ロシアの美点発見

YSメソッド世界戦略第一回支部長会議で
8つのグループに分かれ、それぞれの担当国の美点発見をメンバーに向けてプレゼンするワークがあった

私はロシア担当
素材はなんにも用意していなかったのですが、即興で出た美点発見を再現したいと思います

*****************************

ロシア支部長のシンガスキーです
ロシアといえばみなさん何を思い出しますか?

たとえば、マトリョーシカという人形ありますよね?
人形を割ると中に人形があって、さらにその中にも人形がある

これって、まさに心の三層構造そのものじゃないですか!

中心に真我がある!
その周りを業やカルマが覆って、さらにアタマという蓋をしている
しかし、真我は汚されることなくただただ中心で光り輝いている!

ロシアの人がなぜ北方領土を手放さないか
あれはロシアの人の心の叫びなんです!日本人への愛を求める叫びなんです

ロシアの永久凍土に閉じ込められたマンモスがあるでしょう
それを力ずくで砕いて取り出すこともできます
そうじゃない、愛という熱で、何万年という歴史の氷を溶かして出して欲しいんです
それと同じなんです
力ずくで叩き割ってでも真我を出せるけど、できたら日本の愛という熱で出して欲しいんです

北方領土というフックは、日本人への愛を求める叫びなんです

今応えなくていつ応えるんですか
やりましょう!

*****************************

書いていて思い出したのですが、
16年前に初めて佐藤先生を知った本「究極のセールス」の55ページに
なんとこんな漫画が載っていました!

ks

*****************************

今日もブログをご覧いただきありがとうございます。
2000年にYSメソッド開発者の佐藤康行先生の著書に出会ってから、ずっと佐藤先生のことを師匠と思い、自身の癖などで遠回りをしつつも真我の実践を毎日継続中。
(国際愛称でシンガスキーとも名乗っています)

shinga-YS-worldロシア支部初代支部長
全国ユニバーサル友の会会頭(2016秋より)

佐藤康行リンク集
ブログランキング・にほんブログ村へ