7/31背中越しの天の声

私の仕事は、背中越しに接客するという特殊なもの
ある意味声と声のやり取りがメイン

初めてお会いした方のはずなのに
話し方や声が、自分の知り合いにそっくりな方と出会う時が今までに何回かありました

あれ?なんか昔の仕事でお世話になった方に似ている・・・
あれ?亡くなったアイツに似ている・・・
あれ?たしかこの声は・・・

そんな感じ
もちろん、実際は全くの赤の他人なんですが、やり取りしているうちに内観光受状態になることも珍しくありません
後ろのお客さんと知り合いを重ね合わせるというより、きっかけというか

さすがに号泣したりはできませんので、平静を装ってますが・・

お客さんの姿が見えないことで、逆に自分自身と出会っているのでしょうか

今日もブログをご覧いただきありがとうございます。
2000年にYSメソッド開発者の佐藤康行先生の著書に出会ってから、ずっと佐藤先生のことを師匠と思い、自身の癖などで遠回りをしつつも真我の実践を毎日継続中。
(国際愛称でシンガスキーとも名乗っています)

shinga-YS-worldロシア支部初代支部長
全国ユニバーサル友の会会頭(2016秋より)

佐藤康行リンク集
ブログランキング・にほんブログ村へ