9/4YSブログ研究会は実は・・・(全3回)

YSブログ研究会発足のきっかけ、そしてそれは天の持ち物であったという話です

まだ真我に絞ったブログをされている方が数名だった2015年2月、私は心の専門家佐藤康行先生に手招きされました

「これ、ちょうさんのブログだよね?」
佐藤先生のタブレット端末の画面には、私が数年前に書いて放置状態の真我自叙伝ブログが載ってました

「(インターネットを)いじってたら出てきたんだ。内容からしてちょうさんだろうなって思って」

なんと、広く膨大な情報があるインターネットの世界から見つけ出して下さった
書いた本人すら忘れていたのに

しかもわざと内容もデフォルメしてニックネームで書いていたのに、私と直感された
多忙なスケジュールの合い間でネット上から探す手間や読み込み量から言っても、想像を絶することが伺えます

この当時は、佐藤先生の真我に的を当てたブログを継続することで、大きな変化を遂げた方が出始めてきた時期でもありました
ゆえに(真我をテーマにしたブログ書いている方は他にいないのかな?)と探されていたのかもしれないです

この事がきっかけで私もブログを再開したわけですが、このやりとりの時すごく気になったことがありました

佐藤先生のタブレット端末には数名分のブログアイコンが並んでいました
しかし、いつ更新されるわからないのでたまにチェックしないといけないし、数名ならまだしもこれ以上数が増えるとなると・・・

そこで後日ある提案をさせてもらったんです

私「更新情報がリアルタイムに一目でわかるもの作ってみましょうか」

佐藤先生「ほーそれはありがたい」

それがYSブログ研究会ホームページの原型となったものです

一方で当時は間近に迫った練馬講演会(主催という立場だったので)のほうに力を入れないといけなかったのに
なぜか仕事を増やすような提案を・・・
(なにせ前代未聞の準備不足だったから・・・)

でも不思議と講演会は、協力者が次々と現れ大成功になりました
練馬講演会がきっかけでブログを始められた方も多いです

練馬講演会が終わった頃から佐藤先生は、あちこちでブログを始めることを推奨する発言をされていました

今となってはすべてつながってるとしか思えないのです

きっかけもそうだし、ここまでYSブログ研究会を続けてきたのは、私の思いの実現の世界などではなく、何か別の力に動かされている
そうとしか思えない
開発に協力してくださった方も「なぜかこの件はスムーズに開発が進むんです」と仰るのです
思いの実現の世界ではありえません

続きます

今日もブログをご覧いただきありがとうございます。
2000年にYSメソッド開発者の佐藤康行先生の著書に出会ってから、ずっと佐藤先生のことを師匠と思い、自身の癖などで遠回りをしつつも真我の実践を毎日継続中。
(国際愛称でシンガスキーとも名乗っています)

shinga-YS-worldロシア支部初代支部長
全国ユニバーサル友の会会頭(2016秋より)

佐藤康行リンク集
ブログランキング・にほんブログ村へ